アーガス進学会は塾経営を支援します 
 

ホーム スーパー飛び級について 開校までの流れ お問い合わせ
 
 2020年は知識を活用する力を求める教育改革と、それを評価する大学入試改革。
 これからの教育は、「ゆとり」でも、「詰め込み」でもなく、「生きる力」を身に付けることと文部科学省は提言しています。
 大きな災害に見舞われやすいこの日本で生き残るためには「生きる力」を育む教育の推進が必要となります。
 思考能力を高め、自ら課題を発見し解決する力、コミュニケーション能力、物事を多様な観点から考察する力などの 
 様々な情報を取捨選択できる力をいかにして身に付けることができるのかが重要な課題になります。  
 「学ぶ喜び」と「わかる楽しさ」により「生きる力」を育む教育、それが「スーパー飛び級」なのです。


      


★幼児・小学生から始める意義 
 
1.教育経済学者が語る言葉に次のようなものがあります。
  「教育に一番、お金と時間をかけるべき年齢があるのだとすると、0歳~10歳ころの年齢ではないかと」 
2.この年齢のお子様は学習意欲と成長の意志が最も高い時期です。
3.この年齢のお子様を持つ多くの保護者がわが子に期待を持っています。
4.この時期に塾生になる事で大学受験までの約10年間の長期継続を見込むことができます。   
5.この年齢からスーパー飛び級で学ぶことで「非認知能力」を高めることができます。 
 「非認知能力」とは? 
 テストの数字で表せるような能力ではなく、自制心や忍耐力、コミュニケーションなどの計測できない能力のこと。 
 非認知能力は課外活動やクラブ活動等の人間関係の中で構築される能力。
 その能力は教師や友人等の交流でつちかわれ、部活動や課外活動の経験が大きく貢献すると言われています。
6.きちんとしたしつけを受けた子どもは非認知能力が高いという研究結果があります。
 幼少期に ・約束を守る ・大きな声であいさつをする ・うそをつかない というしつけが肝心です。
 スーパー飛び級は学力だけでなく、先生に対するあいさつや態度にも言及しています。
 単語での会話をなくし、目上の者に対する敬語や態度も一緒に学んでいきます。 
 
★ 義務教育の9年間の学習は小学校6年間に済ませ、中学校3年間で難関国立大学受験レベルで高3まで完了。
★ 高校3年間はクラブ活動や課外活動で非認知能力を高めることを実現できるのが「スーパー飛び級」です。


▲このページのトップへ
 
★子どもの「わかる⇒面白い⇒嬉しい」を連鎖させ、自分で学ぶ姿勢を育てる「国語」と「算数」の自読考学習教材 
 
1.スーパー飛び級の基幹指導は国語の読解にあります。 
 国語は題材を通して、疑似体験することで、いろいろな世界を知ったり感じたりすることができます。
 いろいろな世界に視野を拡げさせ、道徳や倫理的観念を伝え、より豊かな感情や深い感受性をもたせることができます。  
 すなわち、国語を通して自立した考えをもつ人間力を育むことができるのです。
2.国語の読解問題は、答えは教えず、考えさえ、誘導します。 
 教えることは、子どもが自分で考える機会を奪ってしまいます。適切なヒントや問いかけをすることで気づかせます。 
 満足感や充実感を与えるためには、辛抱強くこどもの答えを待つことが重要です。
3.読解とは、設問の正解の根拠を探すことです。 
 子どもの国語の読解学習のモチベーションは、知る喜びと、設問に対する根拠探しの面白さにあります。
 解答の根拠探しは、推理ゲームの面白さがあり、この面白さは、子どもを自立学習に導きます。
4.算数教材は原則、教える必要がなく、自読することで自然に国語力をも高めていきます。
 自読考(自分で読んで書いて理解を深め、その知識をもって演習する)を実現する自立学習教材です。 
 問題以外に枠に書いてあるキャラクターがヒントやアドバイスを与え解法を気づかせる仕組みにより、
 プリントの端から端まで注意を払って読み込むという姿勢が自然に身につきます。 
 
★ 知識の活用力と問題解決力を問われる時代に最適な、「国語」と「算数」の教材が「スーパー飛び級」にはあります。 
 

▲このページのトップへ
 
★目的と特性に応じた自読考学習プリント教材とICT習熟トレーニング教材 
 
1.子どもをとりこにする自読考学習
  スーパー飛び級のプリント教材は子どもが自分で読むことで頭の中で授業が展開されるようなつくりになっています。   
  自分一人で問題を読み解くことで知的好奇心や学習意欲を伸ばし理解を深めていきます。 
  その過程があるからこそ、学習に対する達成感や満足度が大きく、勉強を面白いと思わせ楽しく進めていくことができます。 
2.ICT習熟トレーニング 
  パソコンで学習管理を行い、繰り返しの演習を必要とする項目について反復演習を行います。 
  小学生の過程を終了後、各教科ごとの映像教材で学習します。 
  マンツーマンの教材で専任講師を必要としません。 
3.国語は各自の国語力に応じてノングレードで、語彙力の増強を図りながら、文法の理解、論理的な長文読解力の育成、
  筆記・作文力の研鑽をバランスよく自分自身で、読み・書き・考えて進める方法で学習します。 
  ・読解力を構成する18項目(①語彙力 ②指示語 ③接続語 ④語句・文補充 ⑤理由吟味 ⑥具体内容 ⑦表現など)
   をスパイラルに演習することで計画的に向上させます。   
4.語彙や古典は、暗記と修練するための繰り返しの演習が必要です。 
  繰り返しの演習は、理解する学習以上に学習者にストレスを与えます。
  そのストレスに打ち勝って修得するために、ICTを使った習熟トレーニングによる集中暗記で効率的に身につけます。 
5.算数は3つの選定教材で進度に対応しています。 
  算数D 正しい学習方法の習得と自立学習の促進 
  算数T 考えることに挑み、より大きな達成感を得る  
  算数W 得手意識の先にプライドを育む
★ スーパー飛び級の小学生から高校生までの一貫教育を実現させる選定教材がスーパー飛び級にはあります。 


▲このページのトップへ 

 
★高品質な教育サービスの継続提供を実現する指導マニュアル
 
1.教科毎に作成された学習指導マニュアルと管理帳票
  ・学習マニュアル 国語の教材とその学習指導・国語の読解マニュアル・算数の教材とその学習指導   
  ・管理帳票     学習記録シート・漢字記録シート・国語テスト記録シート・計算トレーニング記録表
2.そのほか説明会や保護者会対応の資料 
  小学生の指導・保護者説明会・飛び級説明シート・チラシ見本・リーフレット等 
3.Youtubeを利用した説明 
  セミナー等の映像をYoutubeでご覧いただけます。 
4.指導マニュアルの読み方や管理帳票の使用方法など開校前の研修を規定時間終了された方に「認定証」を発行します。 
  「アーガス進学会」が認めた講師として教育者として指導していただきます。 
★ 講師未経験者を知育教育者のプロに育てる詳細なマニュアルがスーパー飛び級にはあります。 


▲このページのトップへ 
 
 


Copyright  スーパー飛び級アーガス進学会FC